<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Fujirock05 二日目
一日目=予想外の雨+はしゃぎ過ぎ(+前の日徹夜)
だったんで、テントで爆睡。
これは昼過ぎまで寝てしまうんじゃないかと思ってたんですけど、
暑い・・・。テントの中は蒸し焼き状態。

天気予報は雨なのに朝だけはしっかりと晴れてましたね(笑)
ということで、9時起床。

Leyona(ORANGE)→100s(ORANGE)→CHRIS MURRAY COMBO(HEAVEN)→サンボマスター(WHITE)→Asian Dub Foundation(GREEN)→クラムボン(RED)→Beck(GREEN)→FatboySlim(GREEN)

〜RED MARQUEE(MIDNIGHT)〜
United State of Electronica→TOWA TEI→VITALIC



この日は朝からフル装備。
一日目の雨の教訓を生かして、折り畳みイスとレインコート!
雨の日は地面に座れないんでイスはかなり重宝したんですが、重かった・・・。

朝一のグリーンステージは飛行機が遅れて来れないLos Lobosの代わりに
誰かがやっていたと思うんですが、全く思い出せず。
するする通り過ぎ、アバロンで飯食ってオレンジへ。

Leyona
実は次の100sを見る前にオレンジ行っとくか、くらいのノリだったんですが、
この人なかなかよかったです!
レゲエベースのポップって感じですか?ゆる〜い乾いた音楽。
何曲か聴いた曲とかありました。
CMで流れてたんですかね?
途中でビールを投入して、ますますいい気分に(笑)
オレンジコートの雰囲気が音楽をやたらとよく聴こえさせてる感も
ありますけどねぇ。
朝からフジで飲むビールは格別。


100s
もうね、行く前からかなり観たかったんですよ。
で、見た感想は断トツのベストアクト。
中村くんの声がイマイチ出てなかったと言ってる人もいましたけど、
そんなことは差し引いて、よすぎですわ!!
選曲はOZ、100sからを中心にヒットメドレー。
「扉の向こうに」「新世界」とか感動ものでおぉぉってなってる
ところへ、最後の曲は「キャノンボール」。
途中で中村一義名義のころのERAから「1,2,3」もうれしかったですね♪
来てよかった。見れてよかった。

100sの余韻に浸りつつ、再び飯へ。
しばらくは新世界の歌詞がじぃーんと染み渡ってました。
この時点ですでに、雨が降り出してた気がします。
オレンジコートが人で溢れ返っていたんで、移動するのが一苦労です。


サンボマスター
連れの希望でホワイトへ。
テレビで見たことがあり、あのMCを生で体感してみるのも
おもしろいかなぁっていうので付いていきました。
アツイねぇ。結局何を言いたいのかようわからんけど、とにかくアツイ。
全体の1/3以上はアツイMCだったんじゃないかと(笑)
以下、抜粋。
「日本の恥、世界の恥さらし、サンボマスターです、こんにちは!」
「白だろうが黒だろうが黄色だろうがそんなんどっちでもいいの!
外国のロックだけが偉いと思ってるやつは帰れ、バカヤロー!」
「ただがなってるだけじゃんって思う人もいるでしょう。
ごめんな、俺、これしかできないんだ。」
「最高に下品で最高にロマンチックなロックンロールを、
あなたがたのために歌ってよろしいかぁーー!?」

スカパラを見れなかったのはイタイですけど、十分にサンボの
アツサを堪能できたからよし!

グリーンに戻って来たころには一時的に雨が止んでたので、
グリーン後方でシートを敷いて休息。


Asian Dub Foundation
シートに荷物を置き、身軽になってステージ前方へ。
Voが変わり、怪しいおっさんが加わりつつも、今までの楽曲を
質を落とさずにこなしていたと思います。
が、フジで2回も見てるし新しい展開もないので、もういいやって
なり、クラムボンの待つレッドへ。


クラムボン
個人的に裏ベスト。
始まる10分前くらいに着いたのに、すでに人がいっぱい。
頑張って前のほうへ。
昔の音楽も好きですけど、どちらかと言うと最近のポストロック
寄りな音がかなり好きなんで、ライブではどんな感じなのかと
ワクワクしてたんです。

3人の生演奏がすばらしい。
ドラムもベースもピアノも。
「パンと蜜を召し上がれ」「はなればなれ」と、初期の曲から
スタートし、中盤からは最近の曲も織り交ぜつつ、代表曲の連発!
めちゃめちゃよかったのが「ララバイ サラバイ」長い長い壮大な曲に
吸い込まれそうでした。
そして最後の2曲、「サラウンド」。
中越地震の話があり、そのとき少女が助け出された消防士の、
バイタルサインは異常なしという言葉から作った「バイタルサイン」。

静かなようで、アツくて優しい空間を作りだす音楽。
あんまり数多く体験できないだろうなぁと感じさせる1時間でした。
Heaven

BECK
クラムボンに感動しつつオアシスでまったり飯でも食おうかと
思っているところへご機嫌な音楽が。
BECKはやっぱり見逃せないということで、飯を断念してグリーンへダッシュ。

この人はほんといろんな楽器こなしますねえ。
ノリノリの音楽にエンターテイメント性があれば言う事なしです!
メンバーがステージ上でテーブル広げて食事を始めたと思ったら
そのまま演奏につながっていくところなんか、なかなか
おもしろかったです♪
セットリストは新しいアルバムから中心に、代表曲もって感じだった
ような気がします。
楽しませてもらいました!!


FatboySlim
三日間で個人的にもっともサイテー。
何もノレることなく、ぐだぐだ。
昔単独で見に行ったときもかなりイマイチだったんですが、
二の轍を踏んでしまいました・・・。
今回こそはやってくれるだろうと思ってたんですがねぇ。
唯一おもしろかったのは、雷が落ちまくってステージの後ろで
ぴかぴか鳴ってるときだけでしよ、ノーマンさん。

トリにも関わらず、早々に切り上げて深夜のレッドへ。
はじけ切れなかった分深夜のダンスアクトで取り返す!

White
| LIVE REVIEW | 12:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
Fuji rock05 一日目
ちょっと終わってから間が空いてしまいましたが、
僕が体験したフジロックのレポ。

一言で言いますと、
「人多過ぎ! けど、楽しすぎ!!」


7/29 一日目

着いたのが朝の7時くらいで、そこからテント設営。

テントの場所はかなり奥。この時点で今年の人の多さが伺えました・・・。
建て終わったころには暑くて寝れるわけもなく、そのままスタート!

MASTER LOW(GREEN)→Your Song Is Good(White)→SKA CUBANO(Orange)→Soil&"PIMP"SESSIONS(White)→THE HIGH-LOWS(GREEN)→PREFUSE 73(WHITE)→THE MUSIC(GREEN)→クレイジーケンバンド(ORANGE)→ROVO(HEAVEN)

かなりの快晴で、肌がヒリヒリしつつもニヤニヤしっぱなし。
Green
それが、昼過ぎからの雨でえらいことになったんですが・・・。
こうして書き出して見ると、徹夜のわりにかなり精力的に
動いてますねぇ!


印象に残ったバンドは、3つ。

・Your Song Is Good。
オルガンいりの6ピースインスト系。
名前とちょっと聴いたことあるかなぁってくらい
だったんですけど、ヨカッタ!
キーボードの人なかなかおもしろいし、
音楽はめっちゃファンキー!踊りまくりでした。

・Soil&"PIMP"SESSIONS
爆裂JAZZサウンド。暴れすぎっしょ!
帰ってからすぐCD買っちゃいました(笑)

・ROVO
深夜のヘブン。めっちゃ期待してました。
実際には、もうその期待以上。やっぱり生の演奏だと
ガツンとやられますね。ぶっとんでました。
うねるように、複雑に上へ上へとアガっていく構成、サウンドは
ROVOだけにしか出せないサウンドだと思います!
ドラムすごい!勝井さんのバイオリンかっこよすぎ!!

Heaven その2

いいと思ったのは日本人ばっかりですね(笑)


THE MUSICは良くも悪くも変わらずって感じでしたねぇ。
PREFUSE73は期待してたんですが、夕方のホワイトはちょっと
あってなかったんじゃないかと思いました。

深夜のオールナイトフジにめちゃめちゃ行きたかったんですが、
寝不足と午後からの雨で疲れすぎなため断念・・・。
ROVOが終わってテントへ直行でした。
| LIVE REVIEW | 00:05 | comments(6) | trackbacks(4) |
JAZZTRONIK LIVE@代官山UNIT
Jazztronik
いやぁ、さいっこ〜〜に楽しめました♪♪
あのサウンドをLIVEでやってしまうのかっ!とかなり驚き。
バンドとしてのレベル高過ぎですね。
女性Voの人達もめちゃめちゃいい声でした。

そう言えば、最初のDJのときは地下3階にいたんですが、人が少なくて、
DJと知り合いらしきお姉ちゃんが踊ってるのみだったんですが、
どうやらその人らが女性Vo陣だったみたいですσ(^_^;)

構成は昔の曲からシングルのTIGER EYESまで、バランスいい選曲で
よかったです!
ウタものとインストものもうまく織り交ぜてる印象でした。
TIGER EYESを楽しみにしてたんですが、GUESTのFUCCOは声もすごかったし、
テンションもめちゃめちゃ高かったですね♪
続きを読む >>
| LIVE REVIEW | 21:22 | comments(2) | trackbacks(1) |
須永辰緒DJ20周年パーティー@ageHa
初ageHa行ってきました!!
いや〜ほんとバブリーな空間ですね(笑)
特にARENAの設備と音のよさに軽く感動です♪

21時スタートだったんですが、軽く飲んでたりしたら23時頃に
着いてしまったので最初のほうは全然見れませんでした・・・。
めちゃめちゃ豪華すぎるメンバーで、会場は3つに別れてても
まだ多いので、一人当たりの時間は結構短かったですね。
続きを読む >>
| LIVE REVIEW | 23:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
KEMURI復活LIVE@渋谷O-EAST
KEMURI3

9月21日 渋谷O-EAST KEMURIの復活LIVE。

去年、トランペットの森村亮介さんが交通事故で
亡くなった日からもう一年が経ったんですね。

こんなに早くKEMURIの復活LIVEが行われるとは
思ってませんでした。
まぁ、すでにフジロックなどの夏フェスには参加していて、
ぼくもこの前のFACTORYで見てるわけですが(;^_^A
やっぱり単独っていうのはちょっと違いますよね!

続きを読む >>
| LIVE REVIEW | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
KEMURI LIVE ( FACTORY )
友達とKEMURIを見るためにお台場フジテレビまで行って来ました。
フジテレビ内のスタジオでやったんですが、ステージとの距離が
かなり近い!すぐそこにステージって感じでした。

4組のアーティストが出演で、KEMURIは最後だったのでかなり待ち
遠しい思いをしながら他のアーティストのLIVEを見てました(;^_^A
他のアーティストのことはあんまり知らなかった上に、最初の2組は
完全にヒップホップだったので・・・。
ぼくはヒップホップがだめなんですよ。
まさか自分があのやりとりをやることになるとは思いませんでした・・・orz

で、待ちに待ったKEMURIの登場!

続きを読む >>
| LIVE REVIEW | 18:22 | comments(0) | trackbacks(1) |
くるりライブ@武道館
初記事はくるりのライブの感想となりました。
6月18日の日本武道館。
正直あんまり期待はせずに行ったものの、この日のくるり、
というか最近のくるりはすごい!
まさにすごいぞ、くるり状態。
曲はアンテナの曲を中心に、今までの名曲を網羅した感じでした。
個人的には、後半の「WORLD’S END SUPERNOVA」から「ワンダー
フォーゲル」がさいっこー。
岸田くんが、「こんなに感慨深いのは6,7年前に初めて大阪の
QLUB QUATTROに出た時以来です。」と挨拶していた。
 
続きを読む >>
| LIVE REVIEW | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) |